上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは~
そしてお疲れ様です~
花ちゃんこと花沢由香です(´∀`*)



今日も稽古が終わり帰宅途中です。
なんだかどっと疲れる時間です。ふう~。



え~~~、



「誠実である」ということは、非常に難しい。



と、思うのです。


なぜなら「恐怖」という強く厄介な感情が人間にはあるから。




他者に対して「誠実である」ということは、自分の「恐怖」を乗り越えることだと思う。


そして、相手を受け入れることだと思う。




自分に対して「誠実である」ということも、自分の「恐怖」を乗り越えることだと思う。

そして、自分自身を受け入れることだと思う。



「誠実である」ことは非常に難しい。

なぜならそれを邪魔するものがたくさんあるから(:_;)




「誠実でありたい」と思う。

「誠実でありたい」


自分にも、他者にも、芝居にも。



「恐怖」をまず認識して、実感して、受け入れて、それからどうするか、なんだと思うのです。
怖いから逃げるのか、立ち向かうのか、気づかないふりをするのか、楽な抜け道を探すのか。



大人になったって怖いものはなくならない。


当然だよ。

だからどうした。




自分一人で生きているわけじゃないだろう。



他者から逃げるな。
目の前のことを無視するな。
今の自分から目をそらすな。



他者がいるから自分がいる。



怖いのは当然で、逃げたくなるのも本能で、でも、それだと気づけないんだよ。


一生。



自分が誠実でなければ、誠実な人間はこない。



気づいて、次の一歩を踏み出して、また気づいて、踏み出して、の繰り返しなんだと思う。



あと、実行できるかどうかね。
実行して結果ださなきゃどうしようもないですから。





誠実でありたい。
Secret

TrackBackURL
→http://stu015.blog135.fc2.com/tb.php/48-7b547d16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。